女性ホルモン

理想の女性化に欠かせない条件とは!?

「女性化のために女性ホルモンについて詳しくなりたい!」

「女性ホルモンについてちゃんと理解したい」というあなたのために、女性ホルモンの基礎知識を解説していきます。これから女性化を考えているあなたは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ふたつの女性ホルモンについて

それでは、女性ホルモンについて説明していきます。女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プリゲステロン)のふたつがあります。

では、男性が女性化する際にそれぞれのホルモンの役割について詳しく見ていきましょう。

卵胞ホルモンの役割

●心を落ち着かせる 卵胞ホルモンには自律神経を安定させる役割があり、興奮やイライラを抑えて心を落ち着かせてくれます。

●肌や髪をキレイに保つ 卵胞ホルモンには、顔のテカリやニキビができる原因になる皮脂の分泌をコントロールしてくれる役割があります。またコラーゲンを作るのを助ける働きもあるので、髪の毛も健康に保ってくれています。

●体を女性化させる 卵胞ホルモンは体の女性化に大きく関与しています。乳腺を発達させて脂肪を増やして、女性らしい丸みのある体になるのはこの卵胞ホルモンのおかげなんです。

黄体ホルモンの役割

●筋肉量を減らす 黄体ホルモンはタンパク質をエネルギーに変える役割があります。筋肉もすぐに分解されてしまうので、手足が細く女性らしくなります。

●薄毛は改善され体毛は薄くなる 黄体ホルモンが男性ホルモンを抑えるので、薄毛が改善されます。頭皮の育毛効果とは逆に体毛は薄くなります。

●性欲が低下して勃起不全になる 黄体ホルモンの役割で男性ホルモンが抑制されて性欲が激減します。性欲が減るので必然的に勃起力が弱くなり、勃起不全になります。

ふたつの女性ホルモンが必須

卵胞ホルモンと黄体ホルモンのふたつのホルモンの役割を簡単にまとめると、

  • 卵胞ホルモンは、体を女性化させるホルモン。
  • 黄体ホルモンは、男性ホルモンを抑制するホルモン。

ということですね。

卵胞ホルモンには女性化する作用があります。黄体ホルモンには男性化を抑える作用。ふたつの女性ホルモンのどちらかひとつだけでは、男性が女性化するのに十分な効果は得られません。

男性の女性化には条件アリ

女性ホルモンを投与して、女性化するためには条件があります。

  1. 女性ホルモン量を増やす(卵胞ホルモンの作用)
  2. 男性ホルモン量を減らす(黄体ホルモンの作用)

卵胞ホルモンには女性化作用はあるのですが、男性ホルモンを抑制することはできないんです。逆に、黄体ホルモンは男性ホルモンを抑制できますが、女性化させることはできないんです。

つまり、女性化するには卵胞ホルモンと黄体ホルモンのどちらも投与する必要があるんです。どちらかひとつでは効果が弱く、本格的な女性化はしません。

理想の女性化のために

卵胞ホルモンと黄体ホルモン。このふたつの女性ホルモンは、体の女性化に欠かせないホルモンです。どちらも継続して毎日投与を続けることで、徐々に胸やおしりに本格的な変化が起こり理想の女性化を実現してくれます。

まだまだ勉強不足ですが、女性ホルモンについての理解が深まり、あなたの女性化の後押しができていれば幸いです。